スタッフ紹介

初めまして。小田川接骨院 院長の小田川真也(柔道整復師)です。

私がこの道を進もうとしたきっかけは、柔整師である父の影響でした。
スポーツをすることが好きでいろいろなケガをするたびに柔整師である父に治してもらったことは記憶に残っています。
柔整師である祖父、父が患者さんのケガ、痛みを治すという職業に刺激を受け接骨院(ほねつぎ)の道へ進もうと決意しました。
大学卒業後、日本柔道整復専門学校に入学。
2002年に柔道整復師国家資格取得後、他院にて研修させて頂き、経絡による痛みの除去法を学ぶ。 その後、2010年1月小田川接骨院の院長となる。

当院では日常生活やスポーツでのケガ、痛みを取るよう精一杯勉強し皆様のお役にたてるよう努力し施術していきます。
最近は接骨院、整骨院で包帯を扱えるところが少なくなっている現在、小田川接骨院は包帯を使うことの大切さを先代より教わり、本来の「ほねつぎ 」を目指しています。
最近では、現代社会にあった治療にも力を入れ、骨盤・関節・内臓・頭蓋骨より根本治療を取り入れ、常に精進するよう勉強をしています。
また、地元出身なため地域密着の接骨院にしたいと思っています。皆様がいつまでも笑顔で健康な身体でいられるようにスタッフ共々がんばりますのでよろしくお願いします

公益社団法人 東京都柔道整復会会員

<ボランティア活動内容>
高齢者転倒予防体操指導員(機能訓練指導員認定柔道整復師)
地域バレーボール大会救護
地域サッカー大会救護

認定柔道整復スポーツトレーナー
上級救命技能認定

<南蒲田> 院長
加藤 健太郎(柔道整復師)

<南蒲田>院長として責任を持ち、常に向上心を持って皆様の怪我や痛みを取り除き元気な笑顔にられるよう頑張ります。
趣味:洋楽、筋トレ、おしゃれなお店

<南蒲田> マネージメントリーダー
古室 友美(柔道整復師) 

接骨の仕事の他にアロマトリートメントを担当しています。是非お試しください。
地域のママさんバレーに参加しています。お声掛けください♪( ´▽`)

 

小田川接骨院
   staff

皆様が明るい笑顔で帰られる姿を見るととても幸せを感じます。